Pocket

界面活性剤についてはさまざまな見解があり、
調べていると一体どれが正しい情報なんだろう・・と混乱してしまうことがありませんか?

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

 

 

 

 

 

 

 

『界面活性剤って本当にお肌によくないのかな?』
『できるだけお肌に優しいものを使いたいけどどんなものを使えばよいんだろう・・・』

そんな疑問にお答えすべく、この記事では界面活性剤について徹底的に書いていきます。

この記事を読めば、界面活性剤についての正しい知識と、どんなものを選択するべきかが見えてくるはずです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
界面活性剤ってなに?
界面活性剤についてのさまざまな見解
合成界面活性剤の種類
美肌づくりにオススメな洗顔料は?
合成界面活性剤よりも重要なこと
まとめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

界面活性剤ってなに?

界面(表面)とは、2つの性質の異なる物質の境界面のことを言います。
水と油のように、2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。
水と油以外にも、水と汚れの界面、汚れと衣類の界面のように、さまざまな界面が存在しています。
界面活性剤とは、このような界面に働いて、界面の性質を変える物質のことを言います。

界面活性剤には様々な種類があり、その化学構造や性質はとても複雑です。
用途も様々で、洗浄だけでなく、乳化、可溶化(浸透しやすくすること)、分散、起泡、消泡、殺菌など多岐にわたります。

化粧品に使われる用途としては、汚れを取り去ることや、油分を落としやすくすること、美容成分を肌に浸透しやすくすること、乳液やクリームが分離しないように安定させること、などがあります。

合成界面活性剤は肌に良くない!とする触れ込みもよく耳にしますが、界面活性剤のほとんどは合成です。
たとえ植物由来であっても、化学処理を加えて作るわけですから合成成分です。
純石鹸も合成界面活性剤です。
天然の界面活性剤は卵黄に含まれる卵黄レシチン、大豆に含まれる大豆レシチン、ムクロジの実やサイカチのサヤと実など、植物に含まれるサポニンだけです。
実際には他にもあるようですが、毒性が強くて活用できるものではないようです。

 

界面活性剤についてのさまざまな見解

●擁護派の意見
 ・基礎化粧品に用いられる非イオン界面活性剤は分子量が大きいので皮膚浸透はしない
 ・現在化粧品で使用されている界面活性剤は生分解性のあるものがほとんど

●批判派の意見
 ・お肌のバリア機能を壊し続けることで、慢性的な乾燥・敏感肌になるだけでなく、
  化学物質(カラダにとっての異物)が吸収され体内に取り込まれることにより、アレルギーを始めガンなど  の様々な病気を引き起こす可能性がある。
 ・皮脂を溶かす作用や、タンパク質を変性させる作用があるので、
  乾燥や小じわの原因になったり、シミや皮膚障害を引き起こす恐れがある。
 ・合成界面活性剤は、皮脂だけでなく、細胞間脂質を乳化・溶解させてしまう。
 ・合成界面活性剤は分解されずにお肌に残ってバリアを壊し続ける

 

否定派の意見を読むとすごく怖くなりますよね・・。
こういう恐怖心をあおって、自社製品を勧めているメーカーもあったりするので困るものです。
(それが良い製品なら良いのですが・・まったく良くない製品もけっこう多かったりするんです。)

 

で、結局、どうなの??と思いますよね。
謎を解くには、まず合成界面活性剤の種類や洗浄成分の性質について知ることが必要です。

 

合成界面活性剤の種類

界面活性剤のほとんどは合成界面活性剤であることは先ほどお伝えしましたが、合成界面活性剤の中でもまた以下のように分別されます。

■陰イオン界面活性剤
 洗剤、洗顔料などに使用されています。
■陽イオン界面活性剤(柔軟剤)
 柔軟仕上げ剤やリンス剤、消毒剤として使用されています。
■両イオン界面活性剤
 洗浄性や起泡性を高める補助剤として広く使用されています。
■非イオン界面活性剤 
 基礎化粧品の乳化剤などに使用されます。

問題視されているのは主に陰イオン界面活性剤です。
擁護派の意見も反対派の意見も、共通して言っているのは、洗浄に使われる陰イオン界面活性剤はバリア機能が壊れるということです。
安全性が高いと言われる純石鹸でも同様です。

 

ですが、いつの間にか、「合成界面活性剤=悪い」というイメージを植え付けされてしまった人もいるようです。
なぜこんなことになったのでしょうか・・。

 

一般的に洗浄成分はアルカリ性です。
アルカリは、油脂の成分である脂肪酸と反応して別の物質になります。そして、今度はほかの汚れを洗い流すのに力を貸してくれます。
この仕組みでアルカリ剤は油や皮脂汚れを落とすのです。
タンパク質汚れの代表的なものは、垢(あか)、飲食物の食べこぼし、血液など。タンパク質はたくさんのアミノ酸が結合してできているのですが、アルカリはその結合を切って分解したり、結合を緩めて構造を変化させ、タンパク質はもろくなり、繊維にしがみつく力も弱めます。

このことから、
「合成界面活性剤=皮脂や角質細胞内の皮脂まで溶かす」
という極端な話になってしまったのではないかと思います。

ですから、事実としていえるのは、合成界面活性剤=悪いではなく、
『洗浄成分に使われる合成界面活性剤はバリア機能を壊す』
ということだけです。

 

体内に有害物質が浸透し蓄積していくと言われる経皮毒については、病気と経皮毒とを直接関連づけることはとても難しいです。原因が特定できないからです。
私たちの周りには界面活性剤があふれていますから、(食品にも含まれるので)、それを避けようと思っていたら現代社会では生活できないかもしれません。

じゃあ、洗顔料はなんでも良いのか?というと、そうは思いません。

 

美肌づくりにオススメな洗顔料は?

洗顔の場合

68d579581271829cfea70d7832ff248e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをふまえた上で、私は純せっけん※での洗顔を推奨します。(一部の方は除く)
それは以下の理由からです。
  ※成分が「石けん素地100%」、液体であれば「カリ石けん素地」のみでできたもの。

 

界面活性剤の中では、純石けんのみが、洗い終わった後、肌に界面活性剤を残さない性質を持っています。
すすぎ洗い流すことで石けんのアルカリ性は消え、同時に界面活性剤ではなくなります。
このことが角質を大切にすることになり、ターンオーバーを正常化、肌が育っていきます。

一方、石けん以外の界面活性剤(洗浄剤)は、長くその性質が消えません。簡単に言えば、なかなか落ちないのです。
さらに、石けんカスは多少肌に残ったとしても、常在菌のエサになるので、問題ありませんが、それ以外の洗浄成分は常在菌のエサにはなりません。

石けんは良くで、それ以外のものはダメ!というわけではありませんが、一般的な洗顔料を使うのであればできるだけシンプルな成分でできたものが良いです。
使用感をよくするために、好ましくない成分が含まれているからです。
洗顔フォームも高いものだと5000円以上しますが、昔ながらの純石鹸はとてもリーズナブルで数百円で購入できます。
健康な肌であれば、純石鹸の使用をお勧めします。

 

クレンジング(メイク落とし)の場合

メイクを落とすクレンジングについては、以下のように考えています。
メイク汚れは、基本的に油性の汚れです。
ですから、油分を使って落とすのが基本です。
油分が入っていない、ジェルタイプ、リキッドタイプには、界面活性剤が多く含まれています。
油が入っていない分、界面活性剤の力でメイクを落とす必要があるからです。

ですから、クレンジング用品を選ぶ際には、油分が含まれないものは避けるべきです。

昔はコールドクリームと呼ばれる油が主体のクリームでメイクを落としていました。
クリームを肌に塗布して、それを拭き取って使うものです。
ただ、現在はほとんど見かけなくなってしまいました。

 

それはなぜか?
油が主体のクリームであるため、拭き取った後、肌がベタベタするからです。

拭き取るのが面倒であること、拭き取った後に洗顔が必要になることから、今では洗い流せるものが主流となっています。
でも、よく考えてみてください。
オイル(油)は普通、水では流れませんよね。
オイルタイプやミルク(乳液)タイプ、クリームタイプのクレンジングが洗い流せるのは、界面活性剤が含まれているからです。

メイク汚れを落とすには油分が必要ですが、その油分を落とすためには合成界面活性剤がないと使い心地が悪くなるというジレンマがあります。

 

ですから、油分が含まれていながらも、界面活性剤の配合が少なくて済むクリームタイプ(乳液タイプ)が一番良いのではないかと考えています。

まず大前提として、落としやすいメイク用品を使うことをお勧めします。
お肌が綺麗になると、薄化粧でも大丈夫になりますし、落とすのも簡単なので、肌に負担をかけることなくメイクが落とせ、結果、肌へのダメージが防げるという好循環が生まれます。

近年、ナチュラルブームとともに、「石けんで落とせるファンデーション」が多く出回っているように感じます。
それは素晴らしいとこで、私自信も使っていますし、積極的に勧めていたりもします。

ただ、これも正しい石けんの洗顔方法ができていないと、結果、ファンデーションが肌に残ったままになってしまうという悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。
★正しい洗顔方法はこちらからご覧ください。

 

合成界面活性剤よりも重要なこと

そして、どんな洗顔料を使うかと同じくらい重要なことがあります。
それは過剰なスキンケアによって皮脂の分泌を妨げてしまうことです。

本来、洗顔によってバリア機能が壊れてしまっても、時間とともに修復されます。
なぜ修復されるかというと、皮脂膜による働きです。
健康な皮膚のpHは4.5~6.0の弱酸性ですが、皮脂が分泌されることで肌がアルカリ性から弱酸性へと変わります。
肌の機能が正常に働き、肌に住む常在菌が正常に活動できるph値に戻るようになっています。

石けんで洗うと、肌がパリパリに乾燥してしまってとても洗えない・・・。という人は、皮脂が足りないからです。
自ら皮脂を出すという、肌が本来持っている働きが正常にできなくなっている可能性があります。

 

一般的な洗顔フォームには、保湿剤や合成ポリマーが添加されています。
これらの成分によって肌表面が覆われ、洗顔後も肌がつっぱらず、潤っているような感覚が得られます。
合成ポリマーがすべて悪いというわけではありませんが、皮脂の分泌を妨げる存在になる可能性はあります。

さらに、もっと皮脂分泌を妨げるのは、人工的なもの(クリームや乳液、美容液など)をたくさん塗ってしまうことです。
一般的なクリームによく使われるミネラルオイル(鉱物油)は浸透していかないので、肌表面に残ります。
肌を保護するためには有効なのですが、皮脂を分泌する必要性がなくなるので、どんどん皮脂が分泌できなくなっていきます。

つまり、洗顔料の使用と人工的な油分を過剰に補うことで、自らの皮脂を出すチカラを失っているのです。

使わない筋肉が衰えるのと同じように、必要ないものは
ですから、乾燥するからと言って、過剰に肌表面に重ねていくつものアイテムを使用するのはあまり好ましくありません。
本来、保湿は「足りない水分と油分を補うこと」です。
肌の機能を低下させるような過剰なスキンケアはやめましょう。

 

まとめ

・洗浄以外の乳化剤は基本的に微量なのであまり神経質になる必要はない。
 (多く配合されているものは避ける)

・洗顔時はバリア機能が壊れるので、修復する役割がある皮脂をきちんと分泌させることが重要。

・皮脂分泌を正常に働かせるため、保湿の仕方を見直す。
 ★正しい保湿方法はこちらをご覧ください。

・クレンジングを使用する場合は、ミルクタイプなど肌への負担が少ないものを使う。
 (落としやすいメイク用品を使用する。)
 
・洗顔には、洗い流すことで界面活性作用がなくなる純石鹸を使用する。(一部の方を除く)
 (使用方法を誤ると、逆効果になるので要注意)
 ★正しい洗顔方法はこちらをご覧ください。

 

 

Pocket