Pocket

夏になると、ものすごく足がむくみませんか??

私はもともと足がむくみやすい体質なので、夏になると本当に足がパンパンになります。
対策をしないと、足がだるくて、重くて・・・

本当につらいんですよね。

 

同じようにお悩みの方がいるかも・・
(いや、間違いなくいますよね!?)

と思い、今日は、夏の足のむくみの解消方法をお伝えします。

 

——————————————-
●目次

・なぜ夏になると足がむくむの?

・むくみ解消の方法は?

・まとめ

——————————————–

なぜ、夏に足がむくむのか?

むくみはなぜ起きる?

そもそも、むくみは、体内に老廃物がたまっている状態です。

通常の時期のむくみ原因としては、
・代謝が悪い
・足の筋肉が衰えている
・同じ姿勢で過ごしている
・運動不足

などが原因となります。

これらが原因で老廃物や水分、血液などが足に溜まってしまうからです。

 

では、夏特有の足のむくみの原因は何でしょうか?

上記の原因に加えて、
・冷たいものを取ることで内臓が冷える。
・摂取する水分に対して排出が不十分。
・冷房による冷え。

というのが原因となります。

 

夏は水分をたくさん摂りますよね。
特に、暑いとどうしても冷たいものが欲しくなったります。

まず、冷たいものを摂りすぎることで、内臓が冷え、体内の循環が悪くなります。
通常、汗や尿によって老廃物や水分を外に出します。
水分を摂取した分きちんと排出されれば何も問題はないのですが、
代謝が悪いと汗をかきにくく、お手洗いの回数も少なくなるので、
余分な水分が体内にため込みやすくなります。

冷房による体の冷えも循環を悪くする要因となります。

つまり、夏の足のむくみを改善するには、
・体を冷やさないこと、
・摂取した水分をきちんと排出すること
が重要です。

では、具体的な改善方法をお伝えします♪

 

解消方法

①浴槽につかり入浴する。

夏はついついシャワーで済ませがちですが、
ぬるいお湯にゆったり浸かることで、体をしっかり温めます。
特に日頃、冷房が効いた室内にいることが多い方はしっかり温まりましょう。

②水分補給は常温の水にする。

冷たいものが飲みたくなりますが、できるだけ常温のお水で水分を補給しましょう。
また、お茶やコーヒーを飲むことで水分補給をしていると思っている方もいますが、
体内を循環させるための水分補給には通常のお水が一番適しています。

③マッサージで老廃物を流す。

リンパは表面をやさしくなでるだけでも十分に流れていきます。
大切なのは、重要なリンパ節をしっかり刺激してあげることです。

足の付け根、ひざの裏はリンパが溜まりやすいところなので、
しっかりさすってあげましょう。

1 まずは、足の付け根。
   手でもみほぐすように、鼠経部(足の付け根)をマッサージします。
   これだけでも体がじんわり温まります。

2 次に膝の裏。
   膝の裏にある窪みに親指以外の4本の指をあて、下から上に向かってさすります。
   5回ほど行ったら、そのまま親指で円を描くように膝の上もマッサージ。
   これを2回ほど繰り返します。

3 足首も忘れずに。
   親指以外の4本の指で、円を描くようにくるぶしの周りをマッサージします。   

4 最後は足首から太ももまで、下から上に向かって、
   両手で包み込むようにさすります。

 

 

すべりを良くして肌への摩擦をなすため、マッサージオイルなどを使用すると良いです。
すべりを良くすることで正しくマッサージができるのでマッサージ効果も高まります。

夏にオイルを使うとベタつきが気になる・・という方は
ジェルタイプがおすすめです。

★夏のボディマッサージにオススメ!ミントボディジェルのレシピ

 

時間がなくてなかなか毎日マッサージできないよ~という方には、
簡単なエクササイズをご紹介します。

鼠経部(足の付け根)を大きく動かすことでむくみが解消されます。

1 壁を左側にして立ち、左手は壁に付いて体を支えます。
   右足の膝を曲げて、太ももをお腹に近づけた後
   なるべく膝を高い位置に保ったまま足を外に開きます。
   股関節を中心にして円を描くイメージです。
   5回ほど行ったら、反対周でさらに5回行います。

2 体の向きを変え、反対の足も同様に行います。

 

 

Pocket