Pocket

 

・お肌に負担のかからないメイク落としはどれかな?
・シワやたるみが気になるけど、どんなクレンジングを使ったらいいの?

 

こんなお悩みはありませんか?

クレンジングは美肌をつくる上でとても重要なスキンケアです。

クレンジング選びで重要なのは、皮脂を取りすぎないものであること。

肌のうるおいを保ち、刺激から守る役割の皮脂を取りすぎてしまうと、乾燥の原因になり、しわ・たるみの元となるからです。

 

クレンジングを見直してあなたのお肌を美しくしましょう!

 

大切なポイントは以下の2つだけです。

①ミルクタイプのものを使いましょう。

②合成界面活性剤の使用量が少ないものを使いましょう。

それではその理由を詳しく見ていきましょう。

 

ミルクタイプのクレンジング剤を使用しましょう

クレンジングにはさまざまな種類があります。

・オイルタイプ
・ジェルタイプ
・ウォータータイプ
・ふき取りシートタイプ
・ミルクタイプ
・クリームタイプ

この中で、一般的にアンチエイジングケアに適しているのは
ミルクタイプ、もしくはクリームタイプです。
(ミルクタイプとクリームタイプはメーカーによって位置づけが違うので
分別がはっきりしないため)

▼ミルクタイプは乳液のようなテクスチャーです。

 ミルククレンジングの参考イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 その理由は

・うるおいを保ちながらメイクが落とせる。
・ダブルクレンジング※が不要
(※メイク落とし後に洗顔をすること。
ダブルクレンジングをすることで皮脂をとりすぎてしまったり
刺激を加えすぎてしまう可能性があります。)

ミルクタイプのデメリットとしては
濡れた手で使えない、ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクは落とせないということがありますが、
逆にいうと、お肌に負担の少ないメイク落としだといえるでしょう。

ただ、ミルクタイプ、クリームタイプとひとくくりに言っても原材料はさまざまなので、全成分を確認することは大切です。

 

お肌にやさしいメイク落としを使いましょう。

合成界面活性剤は、市販のメイク落としのほとんどに含まれていますが、強力な合成界面活性剤が使われているものを使用すると、お肌に必要な油分まで取り除いてしまいます。

ですから、できるだけお肌に負担のかからないクレンジングを使いたいものです。

 

そうはいっても、成分表記は非常に複雑で難解。
見ただけではよくわかりませんよね。

そこで、強力な界面活性剤が使われているメイク落としを避けるために、簡単な判別方法をお伝えします。

 

こんなメイク落としは避けたほうが良い!

・成分に油分が入っていない
基本的に、メイク汚れは油汚れです。なので、メイク落としに油分が入っていないものは、合成界面活性剤のチカラでメイク汚れを落とすことになります。
つまり、それだけ洗浄力のある成分が必要になるということです。

・スルっと簡単に落ちる
本来は、メイク汚れとクレンジングを丁寧に馴染ませて汚れを浮かすものですが、最近は簡単に落とせるものも売られています。
”擦らずに落ちる”というと聞こえは良いですが、洗浄力は高いものになりますので、できるだけ避けたいものです。

・べた付きが一切残らないもの
油汚れであるメイク汚れを落とすためにオイル(油分)が使われるわけですが、使用感にベタつきが一切残らないものは避けたほうが良いです。
なぜなら、油をすっきりと落とすためにはそれだけ作用の強い合成界面活性剤が使われているからです。

べたつきを嫌う傾向があるので、使用感をよくするためにスッキリと洗い流せるものが人気ですが、使用感を求めるあまり、肌に負担をかける場合があることを覚えておきましょう。

 

落ちにくいメイクを落とすには強力なクレンジング剤が必要になりますので、落としやすいメイク用品を使用することが美肌の第一歩とも言えますね!

 

クレンジングのイメージ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肌がきれいになれば、
濃いメイクをする必要もなくなりますよ^^

 

Pocket