お化粧品を選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

・効果がありそうだから
・新商品が出たから
・肌に優しそうだから
・ずっと使っているから
・なんとなく・・・?

 

肌のしくみ、役割は昔からずっと変わっていません。
本当は、特別なものは必要ないのです。

でも、市場では毎シーズン新しい商品が発売されて、
CMや雑誌などの広告ではどんどん新しい商品の情報が入ってきますよね。

これを使えば、シミが消えるのかも!シワが改善されるかも!
という期待を膨らませるような魅力的な広告であふれています。

また、「肌に優しいものを使いたい」というニーズから
”優しそうなイメージ” のあるお化粧品がどんどん発売されています。

 

本当に肌にとって安全なのはどんなお化粧品なのか、
肌にとって有害なものは一体なんなのか、
理想的なお化粧品はどういうものなのか、

これらを追求するべく以下の記事にまとめました。

あなたにとって本当に正しいお化粧品選びの参考になれば幸いです。

 

——以下、順次記事を作成中です。ぜひご期待ください!———

合成界面活性剤が使われている化粧品は避けるべき?

・毛嫌いされるシリコン、ポリマーの真実

・「石油由来は悪い、植物由来だから安全」は本当?

・「オーガニックコスメは肌にやさしいは」ウソ!?

・普通の化粧品より効きそう!?医薬部外品の落とし穴

・無添加化粧品の真実

・ナノテクノロジーのメリットとデメリット

・薬事法の改正による化粧品の変化

・肌を健康に保つ常在菌が生息できる化粧品とは?

・オイルに関する各社の主張の違い

・化粧品によるトラブルが起こる理由

・高機能化粧品のメリットとデメリット

・なぜ美容液はあんなに高いのか?