Pocket

ご訪問ありがとうございます!

お肌本来の機能を高め、
シワ・たるみのできにくい美顔に導く
お手伝いをする大塚舞子です。

 

まぶたはデリケートで血流が悪くなりやすいのでむくみやすく、
皮膚も薄くて柔らかいのでたるみやすい部位です。
まぶたが重たくなると元気のない印象になってしまいますよね。
まぶたをスッキリさせてパッチリおめめを目指しましょう!

 

 

上まぶたの筋肉を鍛えましょう!

うわまぶたの筋肉を鍛えるには、目を見開く運動をすることです。
でも、待ってくださいね!

ここで重要なポイントがありますよ。

普通に目を大きく見開くだけだと、おでこにシワが寄ります。
これは、目の筋肉を使っているのではなく、
おでこの筋肉(前頭筋)が使われている証拠

おでこのシワにつながってしまいますし、
何より、目の筋肉を鍛えることにはなっていません!

では、どうすればいいかというと・・?

おでこにシワや寄らないようにして、
まぶたに意識を置いて目をグッと開いてみてください。
開いた目の大きさは小さくなりますが、
ちゃんとまぶたの筋肉が動いているのがわかるはずです。

5秒キープを3回繰り返し、慣れてきたらすこしずつ回数を増やしましょう。

 

 

まぶたをスッキリさせるツボ

つぼ押しは息を吐きながらリラックスした状態で行うとより効果的です。
ゆっくりと呼吸しながら行いましょう!

 

目元 たるみ ツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

①攅竹(さんちく)
まぶたのむくみ改善に効果的といわれるツボです。
眉頭の骨のきわにあります。
お顔に対して垂直に押すのではなく、
眉毛を押し上げるようなイメージで行います。

②魚腰(ぎょよう)
眉毛の中央(黒目の中央)の骨のきわにあるツボです。
こちらも押し上げるようなイメージで。
両親指を立てて指先を攅竹に当てるようにすると効果的です!

両方とも疲れ目にも効果的なツボなので、
パソコンやスマホで目が疲れたな~なんてときにも有効です♪
特に、魚腰は目が疲れているときにやると、かなりズシーンと響く感じがしますよ!

どれも自宅で簡単に実践できるので、ぜひ生活の中に取り入れてみてくださいね!

 

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

プロフィール
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]
美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

Pocket