Pocket

ご訪問ありがとうございます!

お肌本来の機能を高め、
シワ・たるみのできにくい美顔に導く
お手伝いをする大塚舞子です。

 

目の下のたるみを改善させる方法はいくつかありますが、
今回は自宅でもできる眼輪筋(目の周りの筋肉)を
鍛える方法をお伝えしますね!

 

眼輪筋を鍛えるトレーニング方法

目の周りの筋肉(眼輪筋)が弱くなることで
眼球を支える力が弱くなり、 目の下の皮膚が下がりやすくなってしまいます。

そこで、必要なのは眼輪筋を鍛えるエクササイズ!
筋肉を鍛えて、たるみにくいお肌をキープしましょう。

ポイントは、目の下の筋肉を意識して行うことです!
ギューっと目をつぶるとシワが寄りますよね。
それでは、シワが深くなるのを助長しかねないので、
シワが寄らないように皮膚を伸ばしながら行います。

 

①目尻に中指を置き、斜め外側に引っ張ります。
②そのまま目を細めるようにして5秒間キープします。
③それを3回繰り返します。

ピクピク・・と筋肉が動くのを感じられたらOKです♪
両目一度に行ってもいいですが、
片目ずつ行ったほうがしっかり筋肉に意識がいきやすいので、
慣れるまでは特に、片目ずつ行ったほうが良いです。

慣れてきたらキープする時間や回数を少し増やしてみましょう!

 

目の下のたるみ改善に効果的なツボ

むくみや血行不良はたるみにつながるので、
目のむくみや血行促進に効果的なツボもおさえておきましょう!
目の疲れにも効果的ですよ♪

ただし、デリケートな部分なので力の入れすぎには注意しましょう。
指を置いておくだけでも、じんわり刺激されていきます。

ご紹介するツボはこの2つ。

目の下 ツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

・承泣(しょうきゅう)
目の下にある骨の際にあるツボです。
眼球のちょうど真下の位置にあります。

・球後(きゅうご)
こちらも目の下の骨の際にあるツボで、
目尻と承泣のちょうど真ん中あたりにあります。

 

~~ 押しかた ~~
目を閉じ、人差し指か中指で下に下げるように押してきます。
押すといっても、置いた指に少しだけ
力を加えるようなイメージで行ってください。

 

ささいなことでも、継続は力なり!
できそうなところから始めてみてくださいね^^

 

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

プロフィール
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]
美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

Pocket