Pocket

ご訪問ありがとうございます!

お肌本来の機能を高め、
シワ・たるみのできにくい美顔に導く
お手伝いをする大塚舞子です。

 

ファイシャルエステに行ってみたいけど、
いろいろあってどこを選んでいいのかわからない・・
という方に、
あなたにぴったりのお店を見つけるフェイシャルエステサロンの選び方を
お伝えします。

ぜひサロン選びの参考にしてみてくださいね!

 

エステサロンの種類

まず、エステと一言で言っても、
実は、さまざまな種類があります。
選ぶものによって目的や効果も違いますので、
ご自身の目的に合ったお店を選ぶことをお勧めします。

では、どんな種類があるのかを見ていきましょう!

 

①クリニック型

美容皮膚科などの医療機関、もしくは医療機関と提携とすることで、
より医療に近いことを行うサロンです。
メディカルエステという呼ばれ方もあります。

アンチエイジングケアを目的としたものが多く、
ボトックスやプラセンタを注射をするものや、機器を使用するもの、
針で特殊な糸を埋め込んでいく方法などもあります。
美容整形に近い分野なので、劇的な変化を求める方におすすめ。

メリット:即効性、持続性がある
デメリット:価格が高い、施術によっては痛みや腫れを伴う、失敗のリスクがある

 

②マシン型

エステサロンの中でも、機械を用いた施術を行うお店
大手サロンをはじめ、一般的に、
エステサロンと呼ばれるお店のほとんどがこれに当てはまります。

施術の一部に機械を使用するお店もあれば、
施術のほとんどを機械で行うお店もあります。

基本的に、機械を使う場合には技術力が必要ないので、
人件費が少なくて済むことや、施術時間も短い傾向にあるので、
リーズナブルな値段設定のお店も多いです。

メリット:比較的リーズナブル、
     施術者による技術差がほとんどないので一定の施術が受けられる
デメリット:機械によっては効果を実感しにくい、ややリラックス効果に欠ける

 

③ハンド型

機械を使用せず(もしくはごく一部のみ使用)、
施術者の手によって施術をするお店。
アロマを用いたアロマテラピーサロンもこの中に入ります。

たっぷりと時間をかけた施術は深いリラクゼーション効果をもたらし
優雅な気持ちにさせてくれます。
ストレスケアは美肌にとって重要な要因なので、
メンタルケアも含め、トータル的にケアしたい人におすすめ。

メリット:リラクゼーション効果・癒し効果が高い
デメリット:施術内容や施術者の技術によって結果が左右される

これらは、どれが良いとか悪いとかではなく、
人それぞれの好みの問題だと思うので、
何を求めているか、どういう施術を受けたいかを
考えて決めていけばよいのかな、と思います。

ちなみに、私個人としては、断然③のハンド型が好きです!
施術をする側としても受ける側としても^^
ハンド型は心が満たされる感じがするのが魅力だと感じています♪

 

<<関連記事>>
フェイシャルエステの相場はいくら?値段が違うと何が違う??

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

初めての方へ
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]
美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

Pocket