Pocket

ビタミンC誘導体は、イオン導入器を使用することでさらに浸透性が高まり
より効果が高まります。

しかし、イオン導入器を使用するには、
ビタミンCのお化粧品が必要不可欠。

実はこれ、
簡単につくることができるんです♪

 lotion

 

 

 

 

 

 

手作りすれば、防腐剤など、本来は不要なものを入れずに作れるので
お肌に優しいものを使うことができます。

そして、なんといっても・・・

コストが安い!

購入すると、安くても150mlほどで3000円、高いものだと1万円を超えます。
でも、手作りすれば、だいたい半分くらいのお値段でつくることができます。

 

今回ご紹介するのは、お化粧品に使われるビタミンC誘導体の中で、
もっとも効果が高いと言われるAPPS(アプレシエ)を使用したレシピです。

原料のお値段は一番高いですが、
その分1%ほどの濃度でも十分に効果が得られる成分と言われています。

 

材料

・精製水・・・・・・・・50ml
・ビタミンC誘導体(APPS)・・・0.5~1g
・植物性グリセリン・・・・・3ml【保湿剤】
・(1,2-ヘキサンジオール・・・・0.75ml)【防腐剤】

化粧品に使われるビタミンCは、さまざまな種類があるので、
必ず、お求めのビタミンC誘導体の指示通りの濃度でご利用ください。

 

原料の購入について

精製水は薬局やドラッグストアなどで100円くらいで購入できます。
その他の材料については、店頭では購入しにくいので、
ネット通販がオススメです。

ネット通販では化粧品原料を扱う店舗さんはいくつかありますが、
・少量から購入できること
・メール便や定形外郵便で送料が安い
という理由から、私はマンデイムーンさんを気に入っています。

▼以下をクリックすると商品の詳細が見れます。

APPS原末(アプレシエ)/1g

植物性グリセリン・オーガニック/50ml

1,2-ヘキサンジオール/10ml

 

 まとめて購入したい場合は、トゥベールさんが安いです!

▼以下をクリックすると商品の詳細が見れます。 

トゥベール ビタミンC誘導体化粧水APPS 3g

 

グリセリンやヘキサンジオールを計量する際に便利なのが、これ。

0.1ml・0.25ml・0.5ml・1mlの少ない量が量れるスプーンです。(左側の4つ)

IMG_6498[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲わかりやすいように、通常の大さじスプーンと小さじスプーンと比較してみました。

0.1ml・0.25ml・0.5ml・1mlが量れるスプーンの詳細はこちら

 

 

注意点

精製水を使用する

ミネラルウォーターや水道水には、カルシウムやマグネシウムなどが含まれているので、
それらと反応してしまい、ビタミンC誘導体の効果半減する可能性があるので
精製水に溶かすことをおすすめします。

精製水は薬局などで100円程度で購入できます。

 

市販の化粧品に加えない

普通に売っている化粧水に混ぜたらいいんじゃない!?と思う方もいるかもしれませんが、
市販の化粧水はたいがいお肌と同じ弱酸性になっています。

ビタミンC誘導体は、水に溶かすとアルカリ性~中性です。
ですから、弱酸性の普通の化粧水にC誘導体を入れると、その瞬間からボトルの中で反応してしまい、
ビタミンC誘導体の効果半減してしまいます。

 

衛生面に気を付ける

手作り化粧水はメリットがたくさんありますが、
一番気を付けなければならないのは衛生面。

通常、手作りしたものは冷蔵庫で保存し、1~2週間以内に使い切る必要があります。

1.2ヘキサンジオールなどのお肌に優しい防腐剤を添加すると
常温で1か月程度の保存が可能になるので、
ある程度まとめて作りたい場合や、冷蔵庫保存ができない場合などは
こういったものを活用しましょう。

 

 

お肌の悩みに合わせてコスメのレシピをご提案します!

詳しくは【>詳細を見る】をクリックしてくださいね。

あなたのお肌に合う【手作りコスメのレシピ】教えます 作って楽しい♪使って安全☆お金をかけずに美肌になりたい方へ

※招待コード「nfcav3」を入れてユーザー登録すると、
今なら300ptがもらえます★

 

  <<関連記事>>
手作り化粧品に使用する防腐剤の種類と特徴
ビタミンC誘導体の種類とその違いとは??

 

Pocket