Pocket

ご訪問ありがとうございます!

お肌本来の機能を高め、
シワ・たるみのできにくい美顔に導く
お手伝いをする大塚舞子です。

 

ほうれい線、気になりませんか !?
早い人だと20代前半から気になる・・
という、ほうれい線。

今回は、ほうれい線を改善するための
マッサージ・エクササイズ・ツボ押し方法を一気にお教えします。
さまざまな方法があるなか、簡単にできそうなものを厳選してみました!
まずは、できそうなものひとつから始めてみましょう♪

 

ほうれい線の原因となるリンパのつまりを解消!
マッサージ編

お顔のリンパが詰まり老廃物がたまると
ほうれい線の原因になります。
そこで!
老廃物を流す手軽なマッサージを行いましょう!

強い刺激を与えるとお肌を傷つけてしまう場合があるので
マッサージは、お肌への摩擦を少なくするために
オイルをつけて行うことをおすすめします。
お風呂上りのスキンケアとして取り入れてみるとよいでしょう。
めんどくさいな・・という方は、
クレンジング(メイク落とし)をするときに行うと良いですよ!

 

 頬マッサージ

 

 

 

 

 

 

 

 

①小鼻のきわを中指でクルクルと小さな円を描くようにマッサージ。
②そのまま頬骨の下を通りながら少しずつ外側に移動していきます。
③アリキュラ(奥歯を噛み合わせると動く部分)までマッサージします。

★老廃物がたまりやすい部分なので、
イタ気持ち良いくらいの力加減で行うと良いでしょう。  

 

表情筋を鍛えよう!
エクササイズ編

ほうれい線改善の定番のエクササイズといえば・・
舌回し!
口を閉じたまま、舌の先で歯ぐきの根本をなぞっていく
ようにして行います。

1周を25回で反対回しも同様に。これで1セット。
最初は25回ってけっこうキツイです(笑)ので、最初は20回でもOK!
朝晩1回セットずつ行いましょう。

朝は唾液の量を増やす効果があるので、口臭予防に。
夜寝る前に行うと歯ぎしりの予防になるそうですよ。

★ゆっくりでいいので、しっかり大きく舌を動かしましょう!

 

どこでも簡単!ツボ押し編

ほうれい線改善に効果的なツボはこちらです。
・迎香(げいこう)・・・小鼻のキワ
・巨りょう(こりょう)・・・迎香から指1本分ほど外側
・顴髎(けんりょう)・・・頬骨中心の下
・下関(げかん)・・・頬骨の一番外側

・・・と、書いてあるとなんだか難しそうですよね(笑)
要は、頬骨のキワを刺激していけば良いわけです!

先ほどのマッサージ編にあるイラストと同じですね!

指で押すというよりも、
頭を少し下に向けて、
頭の重みで自然と指が入るようにすると上手に刺激できます。
親指を使うとやりやすいです。

★正面から押すのではなく、少し下から押し上げるようにしましょう!

 

<<関連記事>>
脱老け顔!ほうれい線ができる3つの原因とその改善方法
顔のトレーニングは続かない!という方のための超簡単なたるみ対策

 

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

初めての方へ
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]
美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

Pocket