Pocket

ご訪問ありがとうございます!

お肌本来の機能を高め、
シワ・たるみのできにくい美顔に導く
お手伝いをするセラピストの大塚舞子です。

吹き出物を改善したい・・!
吹き出物ができにくいお肌になりたい・・!
というあなたのために、
基本的な改善方法のコツをお伝えしたいと思います。

 

改善に重要な4つのポイント

  1. お化粧水をたっぷりつける
  2. 皮膚常在菌を元気にする
  3. フェイスラインのリンパを流す
  4. ストレスケアを行う

では、具体的にみていきましょう。

 

お化粧水はたっぷりと

過剰な皮脂が原因となってできる思春期ニキビとは違って、
吹き出物(大人ニキビ・アダルトニキビ)は
水分と油分のバランスが崩れていることが
原因となっています。

ですから、お化粧水はたっぷりとつけて
しっかりと角質層※に水分を与えましょう。
(※お肌の一番表面にある厚さ0.02mmほどの部分です。
水分や化粧品に含まれる成分は角質層までしか浸透しませんが、
角質層にしっかり水分を与えることで
お肌表面の水分が保たれ、ニキビができにくい状態になります。)

 

常在菌を元気にしましょう

肌の表面に皮膚常在菌という微生物がいます。
菌というとちょっとビックリしてしまうかもしれませんが、
この常在菌は、外的な刺激から肌を守ってくれる重要な働きがあります。

常在菌が安定して生息できる環境をつくることができると
肌トラブルが起きにくい、たくましいお肌になります
腸でいうところの善玉菌のような役割ですね!

ですから、常在菌を殺してしまう行為には気を付けましょう。
常在菌をきちんと活動させるために必要なこととは・・?

 

1.お肌にやさしいメイク落としを使用する。

強力な合成界面活性剤が使われているクレンジング(メイク落とし)を使用すると、
常在菌や肌に必要な油分まで奪ってしまいます。

「濃いメイクでも簡単スッキリ落ちる」ものは
強力な合成界面活性剤が使われている可能性が高いので気を付けましょう。

メイクがきちんと落ちてない状態も肌トラブルの元になるので

やさしいメイク落としでもメイクがきちんと落ちるように
ナチュラルメイクを心掛けることも大切です。

 

2.植物性のオイルを使用する

ミネラルオイルなどの鉱物油には栄養素が含まれないため、
常在菌のエサにはならないのに対し、
ホホバオイルなどの植物油には
ビタミンやミネラルが豊富に含まれるため常在菌のエサになるので
常在菌が活動しやすい環境をつくります。

 

フェイスラインのリンパのつまりを改善しましょう

思春期ニキビはTゾーン(おでこや鼻)にできやすいのに対し、
大人ニキビはUゾーン(フェイスライン)にできやすいです。
大人ニキビができやすい方はフェイスラインの
リンパがつまりやすい傾向にあります。

入浴中やスキンケアのついでなど、
リンパを流すマッサージを取り入れましょう。

 

ストレスを解消しましょう

大人ニキビはストレスやホルモンバランスと大きな関係があります。
ストレスがあることでホルモンバランスが崩れやすくなるので
リラックスできる時間や環境をつくりましょう。
アロマの使用もオススメですよ♪

 

<<関連する参考記事>>

吹き出物(大人ニキビ)があるときでも保湿すべき?
吹き出物(大人ニキビ)があるときにエステに行ってもいい?

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

初めての方へ
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]
美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

 

Pocket