Pocket

ご訪問ありがとうございます!

お肌本来の機能を高め、
シワ・たるみのできにくい美顔に導く
お手伝いをするセラピストの大塚舞子です。

 

今回は、子どもも大喜びするバスボムのレシピをご紹介します♪

自宅にある材料で、シュワシュワが楽しい
かわいいバスボムが簡単につくれます!
子どもと一緒に作るのも楽しいですよ~

▼かわいいハート型も作れます
IMG_5592

 

 

 

 

 

 

 

 

重層には、アルカリ性の天然温泉にも含まれている
炭酸水素カルシウムが含まれています。
重層を入れることで温泉のような柔らかいお湯になり、
美肌効果が高まります♪

また、クエン酸と合わせることで発砲する炭酸ガスの作用で
体をあたためる効果もアップします!
皮脂や垢を落としてくれる作用もあるのだそう。

今回は助手として娘(4歳)にお手伝いしてもらいました^^

ぜひみなさんも作ってみてくださいね!

色々なレシピがありますが、
できるだけシンプルな材料でのつくり方をご紹介します。

 

 

材料 (直径5㎝ほど1個分)

難易度★★☆☆☆

・重曹・・・・・大さじ3
・クエン酸・・・大さじ1.5
・無水エタノール(もしくは精製水)・・・適量

水(精製水)でも作れますが、
エタノールを使用したほうが失敗しにくいです。

お好みでカラーパウダーで色付けをしたり、
グリセリンやコーンスターチ、はちみつなどの保湿成分を加えてもOK。
精油(2~3滴)を加えて香りを付けることもできます。

 

作り方

①重曹とクエン酸、カラーパウダーや精油を入れ、
 よく混ぜます。

▼ビニール袋に入れて作ると片付けるのが楽です♪
IMG_5578

 

 

 

 

 

 

 
▼娘の希望により、紫色のアースピグメントを使用しました。
IMG_5581

 

 

 

 

 

 

 

アースピグメントはごく少量で色がつくので、
耳かき1杯分ほどの少しの量で充分です。
(※天然の顔料なのでお湯に色は付きません!)

色々な色が試せる8色セットはオススメです^^

※アースピグメントとは?

鉱物などから採れる天然の顔料です。
ポイントメイク用品や石鹸の色付けなどに使用します。

 

② スプレーボトルにいれたエタノールもしくは精製水を
 2~3プッシュずつスプレーしながら加えていきます。
 ※精製水の場合は、一気に入れすぎると発泡してしまうので要注意!

▼水を少しずつ加えるためにスプレーボトルを使用します。
IMG_5582

 

 

 

 

 

 

 

混ぜながら少しずつ徐々に加えていき、
手でギューっと力を入れて
まとめると形が保てるくらいまで湿らせます。
少し足りないかな?と思うくらいで大丈夫です。

▼目安はこのくらいです。

IMG_5584

 

 

 

 

 

 

 

 

③好きな形にして、乾燥させます。

そのまま丸い形でもかわいいですし、
クッキー型に詰めるとハートなどもつくれます。

▼下にラップを敷き、型の中にギュっと押し込みながら成型します。
IMG_5585

 

 

 

 

 

 

 

型を使用した場合は、
すぐに型から外さず、表面が乾燥してからはずしましょう。

 

そのまま置いて乾燥させます。
湿気が多いところに置くと、シュワシュワと発砲してきてしまいますので
乾燥した場所で乾かしましょう。

表面が乾燥して、少し力を入れても壊れないくらいに
固くなるまで乾燥させます。

雨の日や梅雨の時期などは乾燥しにくいので、
冷蔵庫に入れることをオススメします。

 

上記レシピのサイズは、浴槽1個分にはやや小さめですが、
あまり大きいと乾燥しにくいので、
小さめのもののほうが作りやすいです。
小さいのを2~3個入れるのも良いですね!

 

「 お風呂入ろう!」「イヤ~」なんていうときも、
これがあると自分から進んで入ってくれます(笑)

 ぜひ試してみてくださいね♪

 

<<参考記事>>
★ 失敗しない手作りバスボムの作り方、3つのポイント

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

初めての方へ
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]
美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

Pocket