Pocket

秋になると肌のコンディションは急変します。
この時期は、非常にバランスを崩しやすいので、丁寧なスキンケアが大切です。

 

秋も深まり・・・

・急に涼しくなってきた
・急に空気が乾燥してきた

今回は、そんな季節の変わり目にオススメな保湿クリームのレシピをご紹介します。

img_9663

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
秋のお肌はどんな状態?
必要な材料
作り方
使い方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲クリックすると目的の場所にジャンプします。

 

 

秋のお肌はどんな状態?

残暑が終わると、急に気温が低くなります。
朝晩の冷え込みが強まり、一日の寒暖の差も激しくなりますね。

体は、こういった環境の変化に対応するのに対応しきれなくなり、自律神経が乱れがちになります。
自律神経が乱れると代謝も下がりやすくなるので、肌の代謝(ターンオーバー)も乱れやすくなります。

この季節の肌には、こんな特徴があります。

 

①皮脂量の激減
この時期は、急激に気温が下がるので、皮脂の量が少なくなります。
気温が低いと皮脂が出にくくなるので、それまでと同じスキンケアでは皮脂が不足して肌が乾燥してしまいます。

 

②水分不足する
湿度が下がり外気(空気)が乾燥してくるので、肌の水分が蒸発しやすい状態になります。

 

③バリア機能が弱まる
代謝が下がり肌のターンオーバーも乱れることで、NMF(天然保湿因子)や細胞間脂質などの保湿成分が生成されにくくなるので、肌の水分を保つチカラや外界の刺激から肌を守るバリア機能が弱くなります。

 

④紫外線のダメージが残っている
夏に紫外線をたっぷり浴びたお肌はメラニンがたくさん生成されています。
通常はターンオーバーによってメラニンを含んだ細胞は剥がれ落ちていきますが、代謝が落ちた状態だとシミになる可能性があるので、メラニンを還元しておくケアが有効です。
また、ビタミンCには、コラーゲンの生成を助ける役割もあるので、紫外線によって傷つけられたお肌を修復する働きも期待できます。

 

なので、この時期のお肌は以下がポイントになります。

水分をしっかり補う
低下している肌のバリア機能を強化する
メラニンを還元する

 

そこで、水分が多めのぷるぷるしたクリームに、保湿成分をたくさん入れたクリームを作ってみました。
セラミドを添加してバリア機能を補強しながら、ビタミンCでメラニンの還元までしてしまおう!という贅沢なクリームです。

 

 

材料

img_9642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・精製水・・・・・・・・・・・・・50ml【水基材】
乳化ワックス(非加熱)・・・・・4g【乳化剤】
セラミド原末・・・・・・・・・・ミクロスパーテル1杯【保湿剤】
ベタイン原末・・・・・・・・・・2g【保湿剤】
ヒアルロン酸・・・・・・・・・・0.1g【保湿剤】
ビタミンC誘導体・・・・・・・・0.5g
植物性グリセリン・・・・・・・・7ml【保湿剤】
キャリアオイル(植物オイル)
・精油(お好みで)

▲材料名をクリックすると詳細ページが開きます。

 

材料について

●オイルについて

さっぱりタイプのレシピなので、保湿力が足りない場合は、オイルの量を増やすか保湿剤を少し多めに添加してください。

キャリアオイルはお好きな種類のもので大丈夫です。
一般的で使いやすいスイートアーモンドやホホバオイル、アンチエイジング作用の高いマカダミアナッツオイルやアルガンオイルなどもオススメです。

 

●防腐剤について

今回の材料には防腐剤は入っていませんが、少し防腐剤を入れておくと保存がしやすくなります。
一般的なのはGSE(グレープフルシードエクストラクト)ですが、ヒアルロン酸原末とのは相性が悪いので、今回のレシピに防腐剤を加える場合は、1.2-ヘキサンジオールを使用すると良いでしょう。
▲クリックすると詳細がみれます。

 

材料以外に、ぜひ、ひとつ用意しておきたいのがこちらのミクロスパーテル。
微量の材料を添加するときに便利です。

▲画像をクリックすると詳細が見れます。

これを使えば、少量を取り出すことができますし、
かき混ぜるときにも便利です^^

 

あとは、以下のような0.01g単位で量ることができるスケールがあるととても便利です。
1gずつしか量れない家庭用の量りでは、1gや2gなど少量を量ろうとするとかなりの誤差が出てしまうので、0.01g単位で量れるスケールがあると誤差を少なくすることができます。

▲画像をクリックすると詳細が見れます。

 

 

作り方

あらかじめ、使用する容器や器具は無水エタノール
(もしくは消毒用エタノール)で消毒しておきます。

(キッチンペーパーなどにエタノールを含ませて拭き取るか、
 スプレーボトルに入れたエタノールを吹きかけて乾燥させます。)

 

①オイル以外の材料を容器に入れます。

img_9643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②混ぜます。

最初はこのようにダマダマになりますが・・・

img_9644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぜ続けていくと、馴染んでなめらかになります。

 

③オイルを加えてさらに混ぜます。

精油を入れたい場合は精油も入れてください。
万能なラベンダーや、皮脂分泌をコントロールする働きのゼラニウム、抗炎症作用のあるカモミールもおすすめ。
精油はぜひ高品質なものを使用してくださいね。

img_9646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④完成

今回は非加熱タイプの乳化剤を使っているので、微調整も可能です。
テクスチャーが緩かったら、乳化剤を追加し、硬すぎたら精製水を追加すれば、希望通りのテクスチャーにすることができます。

 

img_9650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非加熱タイプの乳化剤は簡単に作れて便利ですが、溶け残りがあると、肌に乗せたときにザラザラします。

よく混ぜることで解消することができますし、時間が経つと溶けていきますが、もしもザラつきが残った場合は少し湯せんをして温めると完全に溶かすことができます。

 

使い方

クリームですので基本的にはお化粧水のあとに使いますが、かなり水分の多いアイテムなので、化粧水は使わずこれひとつでスキンケアをすることも可能です。

また、乾燥し始めるボディケアにも使えますので、お風呂上りはこれひとつで全身の保湿ケアができます。

この時期は、日中の気温差もありますし、日によっても温度変化が激しいです。
そのときの自分の肌状態をしっかりと観察し、乾燥が気になるときは少し油分(オイルなど)を足すなど調整をしながら活用してくださいね。

 

今回、ジャータイプの容器に入れましたが、衛生的に使うためにポンプ式のボトルをおすすめします。
100円ショップのものでもOKです。
最近は真空ボトルも売っているので、真空ボトルにするとより衛生的に使えます。

防腐剤を入れない場合は、冷蔵庫に保存し1~2週間をめどに使い切ってください。

※お肌に合わない場合は使用をおやめください。
 

 

Pocket