Pocket

紫外線が気になる季節になってきました!
と、同時に、蚊などの虫が気になる季節でもあります。

おさんぽや公園へのお出かけの際に、
日焼け止めと虫よけは必須の季節ですね~

 a82935b7dd4ed8596242be6afe301951_s

 

 

 

 

 

しかし・・・
お出かけ前に、日焼け止めを塗って、虫よけして・・・
となると意外と大変。。

そして・・・
市販の製品もたくさん売っていますが
子どもの肌に触れるものですから、
ぜひ安全なものを使いたいですよね!

 

そこで!!

安心して使えて、
日焼け止めと虫よけが一緒になっているものを作ろう!

と考えたのがこのレシピです。

そして、肌にしっかり塗れて、
子どもが自分でも塗りやすいように、(子どもは自分でやりたがるので(笑))
スプレータイプではなく、とろみをつけたジェルタイプにしました!
子どもも「良いにおい~♪」と喜んでつけています^^

 

すぐに落とせる仕様になっているので
こまめな塗り直しは必要ですが、
香りを楽しみながら安心して使えるのでオススメです♪

 

 

材料 (約50ml)

 難易度★★★☆☆

 IMG_6194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・精製水・・・・・・・45ml
・無水エタノール・・・10ml
・キサンタンガム・・・0.5g(1ml spoon1杯)【増粘剤】
・(なくても可)グリセリン・・・・・1ml 【保湿剤】
・ROE(ローズマリーオイルエクストラクト)・・・0.3ml 【防腐剤】
・水溶性二酸化チタン・・・・・・2g【サンスクリーン】
・酸化亜鉛・・・・・・・・3g【サンスクリーン】
・精油・・・・・・・0.5ml(1滴0.05mlの場合10滴)

※精油の詳細は、赤ちゃん・子どもに♪アロマを活用した手作り虫よけスプレー
 のページの『虫よけに有効なアロマ』の部分をご覧ください。

 

【材料について】
精製水と無水エタノールは薬局などで買えます。
キサンタンガムは店頭ではあまり売っていないので通販がおすすめ。
キサンタンガムの詳細はこちら▼

少量を量るときに必要な計量スプーンはこちら▼

 

【増粘剤(ガム)と防腐剤について】
防腐剤としてよく使用されるGSE(グレープフルシードエクストラクト)は
キサンタンガムとの相性がよくありません。
(ダマになり溶けない塊ができてしまいます。)
ですから、防腐剤はGSEではなく、ROE(ローズマリーオイルエクストラクト)などの植物エキスか
1.2-ヘキサンジオールなどの防腐剤を添加してください。
防腐剤としてGSEを使用するしたい場合は

キサンタンガムではなく、グアガムに置き換えてください。

 

【 サンスクリーン剤について】
今回のレシピはSPF10程度となります。
二酸化チタンは水溶性のものを使用してください。
酸化亜鉛は水に混ざりますが、溶けるわけではないので、
多少ダマになります。
しっかりと伸ばせば白くなりませんが、

子どもが自分で塗る場合は、酸化亜鉛を控えめにすることをオススメします。
様子を見ながら、量を減らすなど各自調整してください。

参考記事:二酸化チタンと酸化亜鉛の違いとメリット・デメリット

 

作り方

①キサンタンガムとグリセリンを混ぜる。

IMG_6196

IMG_6197 

 

 

 

 

最初にキサンタンガムにグリセリンを混ぜると、
キサンタンガムがグリセリンでコーティングされることで
ダマになりにくくなります。
ガラス容器で混ぜずに直接ボトルに入れてしまってもOKですが、
後から加えられるようにしておくと、
④の工程のときに、とろみ具合を自分で調整できます。

 ※もし、グリセリンを使わずキサンタンガムがダマになってしまっても、
   時間が経てば溶けるので、これは必須ではありません。
   半日ほどすると水分と馴染んでダマがなくなります。
   40℃くらいのお湯だと溶けやすくなるので、
   あらかじめ精製水をあたためておくと良いでしょう。

 

②ボトルにエタノールを入れて、精油を加えてよく混ぜます。

③精製水を加えます。

④①を加えて好みのとろみをつけます。
 
IMG_6199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

容器を振ってよく混ぜます。

▼このくらいのとろみになりました。
IMG_6200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤二酸化チタンと酸化亜鉛を加える。

IMG_6201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼酸化亜鉛は水に混ざりますが、溶けるわけではないので、
 少し粉っぽさが残ったままになりますが、
 肌に伸ばすとほとんど目立たないくらいになります。
IMG_6210IMG_6211

 

 

 

 

 

▼できあがり~♪

IMG_6204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなお子様にも使えるように低アルコール、低濃度(1%)の
レシピにしてありますが、
生後3か月以内の赤ちゃんの肌への使用は避けてください。
それ以上のお子さまの場合も初めは少量を試してから使用してください。

  【保存期間の目安】
防腐剤を入れない場合は冷蔵庫で1~2週間。
防腐剤を入れた場合は約1か月。
※あくまでの目安となり、作成時の衛生状態や保存状態によって変化しますので
 異常を感じるときは使用をやめてください。

 

<<関連記事>>
赤ちゃん・子どもに♪アロマを活用した手作り虫よけスプレー

 

美顔矯正と手作り化粧品で
シワ・たるみのできにくいお肌づくりをサポートします♪

初めての方へ
手作り化粧品について

フェイシャルエステ[plumage]

美顔矯正
フェイシャルメニュー
お客さまの声
サロンへのアクセス
フェイシャルエステのご予約フォーム
よくあるご質問Q&A

Pocket