Pocket

IMG_8257  ご覧いただきありがとうございます!

  美顔矯正でたるみ改善☆
  東京(品川・国立)のフェイシャルエステ
  【pulumage(プルマージュ)】セラピストの大塚です^^

 

 

日焼けが気になる季節になってきましたね。
紫外線対策として、日焼け止めクリームを作ってみました。

▼できあがりはホイップクリームのように美味しそう(笑)
IMG_6014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は作りやすいように、
とってもわかりやすい分量で作ってみました。
SPFは20程度になります。

ミネラルファンデーションとの相性もよいですよ♪
(ただし、付けすぎると白くなり厚塗りに見えやすくなるので注意!です)

日常生活をする上ではSPFは20程度でも十分なので
安心して使えるものを使いたいですね!

 

今回は、できあがりが60ml程度のレシピですが、
作りたい量を変える場合は、
オイル:水:乳化剤=1:3:0.2
が目安になりますので参考に調整してください^^

 

材料(約60ml) 難易度★★★☆☆

IMG_6002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A・シアバター・・・・・・・5g
A・キャリアオイル(植物油)・・・・・10g
A・乳化ワックス・・・・・・3g
B・精製水・・・・・・・・・45ml
B・植物性グリセリン・・・・・・・3g
  ・酸化チタン(二酸化チタン)・・5g
  ・微粒子酸化亜鉛・・・・・・・・5g
  ・GSE(グレープフルーツシードエキス)・・・・・・・・・・2ml

▲材料名をクリックすると詳細ページが開きます。

 

保湿のため、そして紫外線対策にもなるので、シアバターを加えてみました。
シアバターがない場合はキャリアオイルを15gにしても作れます。

お好みで精油を加えたり、
精製水をハイドロゾル(フラワーウォーター・芳香蒸留水)に変えてもOKです。

また、暑い季節の使用に関しては腐敗しにくくするため、
GSE(グレープフルーツシードエクストラクト)などの
防腐剤を使用することをおすすめします。

 

材料について

精製水は薬局、ドラッグストアで購入できます。
それ以外の材料は、店頭ではなかなか買えないので、ネット通販がおすすめです。

※上記の材料名をクリックすると、詳細ページが見れます。

キャリアオイル(植物油)は、お好きなもので作れます。
安定性が高く、使いやすいのはホホバオイル、スイートアーモンドオイルなどです。

 

●酸化チタン・酸化亜鉛について

いずれも、「通常タイプ」と白浮しにくく使用感が良い「微粒子タイプ」があります。
通常タイプは白浮きしやすいというデメリットがありますが、
お肌への安全面を考えた場合、赤ちゃんや小さな子どもに使う場合には
通常タイプのものが良いのではないかなと思っています。

▼詳細は以下のページをご覧ください。

二酸化チタンと酸化亜鉛の違いとメリット・デメリット

※2016年5月現在、酸化亜鉛に関しては微粒子タイプ(油溶性)のみの販売となっているようです。

 

作り方

①材料を量り、AとBをそれぞれ別の容器に入れます。

▼左がAのオイル基材、右がBの水基材です。
IMG_6006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②レンジまたは湯せんで、AとBを温めます。
 Aの固形物が完全に溶けるまで
 Bはうっすらと湯気が立つまでしっかりと。

 

③二酸化チタンと酸化亜鉛を加える。

▼加えたらよく混ぜます。
IMG_6007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、二酸化チタンが油溶性の(※油分にしか溶けない) 
のを使ったので、このタイミングで入れましたが、
水溶性の場合はBに入れることになります。
赤ちゃん用につくる場合は
落ちやすい水溶性のものを使用することをオススメします。

 

③AにBを混ぜる

▼混ぜながら少しずつ加えていきます。
IMG_6008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤よく混ぜます。

▼最低でも5分くらいは混ぜつづけます。
IMG_6010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

混ざったかな~と思って止めてしまうと、
時間が経ったときに分離しやすくなるので、
最低でも5分はしっかりと混ぜましょう。

自動で撹拌できるハンドクリーマーがあると便利です。
(100円ショップでも売っていたりします^^)

★ワンポイント★
Bのお水を少し残しておいて、様子を見ながら水を足していくと、

自分好みのテクスチャー(※触り心地、粘度)にしやすくなります。

 

保存方法

使用期限の目安は 、冷蔵庫で1週間程度。
防腐剤を加えると1か月程度保存が可能ですが、
殺菌の仕方、容器の種類、使用方法などによって保存可能な期間は
変わってきますので、あくまでも目安となります。
やはり常温よりも冷蔵庫保存がおすすめです。

異物がある、変な匂いがするなど異変があった場合は
すぐに使用を中止しましょう。

 

今回のレシピは白浮きするギリギリくらいです。
肌のキメ(皮膚のくぼみ)に白い顔料が入り込むことで
お肌が白く見えるわけです。
塗ったところはワントーンお肌が明るく感じられますが、
塗りすぎると白くなりすぎて違和感がでます(笑)

これ以上、サンスクリーン剤の量を増やすと
お肌がキシキシして使いにくく、塗ったときに白くなってしまいます。

★ワンポイント★
白浮きが気になる場合は
二酸化チタン、酸化亜鉛の量を減らしてください。

作った後に薄める場合は通常の乳液を混ぜると薄まります。

 

 

<<参考記事>>

二酸化チタンと酸化亜鉛の違いとメリット・デメリット
蜜蠟(みつろうミツロウ)や乳化ワックス、1gずつなど少量の量り方

 

 

 

美肌になるための方法
美肌づくり大事な5つのこと
【お悩み別】肌の改善方法

手づくり化粧品レシピ集はこちら

当サロンについて
キャンペーン情報   ★フェイシャルメニュー
サロンへのアクセス  ★よくあるご質問Q&A  
お客さまの声    
フェイシャルエステのご予約フォーム   

お問い合わせ
メール:[email protected]      電話:090-2567-9752
(接客中は電話に出られない場合がございます。
 その際は留守電のメッセージにてご用件をお伝えくださいませ。
 メールでのお問い合わせ・申し込みは24時間受付しています。)

Pocket